自分実験してみた。気づいたら、自然と、、変わってた。

NHKさんから取材を受けました!

たけちゃん(自分実験インストラクター)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

たけちゃんプロフィール

自分実験インストラクター
たけちゃんの筆文字倶楽部 部長

筑波大学大学院修士課程 教育研究科障害児教育専攻。神奈川県在住。
小学一年生息子をもつ父親。「大好きー」と言っては「そんなの知ってる」とあしらわれている毎日を送る自他共に認める親バカ。 幼少期から素直に自分を表現することが苦手。人見知りの引っ込み思案。小中学校ではいわゆる「優等生」として振る舞い、常に人目を気にしながら過ごす。

大学では心理学を専攻。いろいろなボランティア活動に参加。そんな折、自閉症のお子さんと出会い家族ぐるみでの付き合いが始まる。言葉に頼らずに身体や自分の感覚で交流していくのがとても心地よく、自分自身の心の壁が少しずつ溶けていく。 それ以降25年にわたり、発達障害のあるお子さんと家族、保育士や先生を含め2800ケース以上にかかわる。 障害の程度に関係なく、楽しそうに暮らしている家族もあればそうでない家族もあり、家族支援の大切さを実感。と同時に「幸せってなんだろう?」と答えのない問いを追求し始める。 心理学やコーチングなどの本を読み漁り、面白そうな人がいれば実際に会いに行き、学んだことを検証し続けながら、経験の中で実感したことを伝えていく活動を少しずつ始めている。

2013年筆文字との出会い。自分と向き合い、心のメンテナンスをするためのツールとして筆文字を始める。それ以来、出会った人に誕生日や記念日のメッセージカード書いて送ることを継続(その数1000枚以上)。プレゼントしたカードを大切に手帳に挟んで持ち歩いてくれたり、お守りがわりにしてくれている人もおり、上手い下手ではなく、気持ちが伝わることを実感。筆文字を通して一つひとつのご縁が深まっていき、気がつけばたくさんの素敵な人たちに囲まれていた。  現在は筆文字の講座をはじめ、イベントの題字やスタッフ証、名刺、表札、ロゴの作成などといった活動を口コミだけで行っている。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自分実験ラボ , 2019 All Rights Reserved.