自分実験してみた。気づいたら、自然と、、変わってた。

NHKさんから取材を受けました!

自分実験ラボ「想いや感覚を言葉にする部」

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

新規メンバー(部員)募集中!
【特典延長!】無料個別サポート

 

自分実験ラボ「想いや感覚を言葉にする部」ってどんなとこ?

時々刻々のなかで浮かんだ想いや感覚を、言葉(散文/短文(つぶやき級)/単語/詩(詞)/短歌/俳句)で表現する場です。

どんな活動をするの?

Facebookグループページにて、主に以下の事をします。

  • 自分の想いや感覚を投稿するFacebook個人アカウントや、他のSNSアカウントに書いている記事のうち「想いや感覚を表現していると感じる記事」を共有する
  • 本や歌の歌詞などから、感じたことを投稿する
  • 皆さまの投稿について、「心地よいと感じたこと」をコメントする

※投稿ペースは自由です。
※部長自身は、散文を、なるべく端的に書くことを意識して投稿します。部員の皆さまは、この限りではありません。

特にこのような方へ

  • 想い感じることを表すボキャブラリーを増やしたいアナタ
  • 何かしらを、言葉で表現したいアナタ
  • SNSに直接投稿することはハードルが高いアナタ
  • 日頃から想い感じることを書いていて、読んで頂きたい言葉たちを持っているアナタ
  • 直接伝えられない言葉たちを並べることで、想いを閉じこめている自分を癒したいアナタ
  • 他者の文章表現から学びを得たいアナタ

 

部長紹介

和泉順子(わいずみ・じゅんこ)

日々の出来事を日記帳に書いたり、大学ノートに小説風に書く学生時代を過ごす。当時以上に、自由に素直に正直に、自分の想いや感覚を表現しながら、愛と平和に溢れた世界を生きるべく、自分実験中。

詳しいプロフィールは、こちらのページをご覧ください。

 

立ち上げた想い

夏目漱石の「こころ」の最終章にある、”先生の手紙”を読んで、日々の出来事を小説風に書きたくなったワタクシ。
小説風に書くことで、自分の事を幾らか客観的に捉える事ができた気がしています。

ところが。
様々な人間関係のドラマを体験してきた私が、書き並べる言葉たちは。
いつしか自分の本当の想いや感覚を守るために覆い隠すものになっている事に気づきました。

自分の人生を、後悔なく生きる上で。
自分にココロから正直であるために。
自分がココロから発するものがなにかを知ることから始めたときに。

言葉にしようとすると。
伝わらないおそれから止まる。若しくは、
色んな感情が混在して、涙しか出ない。
という両極端の状態になることに気づき。

止まるものを、少しずつ吐き出すこと。
混在して絡み合う感情を、少しずつほぐしていくこと。
を、おそれを持ちながら、思いきりやる。
という自分実験を始めることにしました。

自分自身が感じることを表すだけで。
他者が何かしら感じるものがあるとすれば。
自分の存在する意義も価値も、既に十分に在る。
という所を信じて、部活動を進めてまいります。

 

どうしたら参加(入部)できる?

「想いや感覚を言葉にする部」のfacebookグループ(非公開)への参加が、入部となります。

下記のボタンをクリックして、グループページの部の説明をお読み頂いた上で「参加する」ボタンを押して下さい。

その際に、3つの簡単な質問にお答えください。

確認ができ次第承認しますので、グループに参加(入部)することができます。

質問や不安な点などあれば、お気軽に jj.language.exp@gmailcom までご連絡ください。

<注意事項>

※日本語で自己表現をしたい方は、どなたでも参加できます。
※想いや感覚を言葉に表すことを軸においています。言語表現に係るノウハウなどの情報提供は行っていません。

※安心、安全な場であることが大前提なので、全体の場を乱すと判断した場合、退部をお願いすることもあります。
※部に参加(入部)することは無料です。有料のイベントをご案内することがありますが、強制するようなものではありません。
Facebookアカウントが必要になります。
いつでも退出(退部)することができます。

もう少し詳しく知りたい方は、「自分実験ラボ」全体としてのこちらの「各部に参加するには(注意事項)」もご確認ください。

【延長!希望者全員へ特典付!】ご登録頂いた方へ!無料個別サポート

好評につき延長しました。

参加を迷っている方へ、まずは今の率直な気持ち、興味を持った理由などを言葉にして投稿してみませんか。
言葉にするのが苦手な方で希望する方には、個別にメールなどでサポートもさせて頂きます。(最初の3投稿まで)

例えば、「何となく書きたい気持ちはあるけど出せない」、「こんな書き方でもいいのか、どう思われるか気になってしまう」という方へ、言葉にするための気持ちの持ち方や方法などを、部長自身の体験もまじえてお伝えします。

(希望するかどうか、参加希望時のアンケートで教えてください。)

 

 

最後にメッセージ

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

言葉のイメージは、十人十色。
同じ言葉でも、書く人によって、様々なイメージが現れるだろうと感じています。

様々なイメージを感じる先に、心地よいものを得られる部であること。
ここで培った表現力が、皆さまの幸せな人生の糧になること。
素敵な言葉たちを通じて、何かしらのご縁が生まれること。

などなどが、実現することを、楽しみにしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自分実験ラボ , 2019 All Rights Reserved.